wedding

動画

海と花嫁

結婚式と言えば、現在「式」と「披露宴」の二つから成り立つ冠婚葬祭の儀式です。
式では斎主や神父の前で婚礼の儀式を行い、披露宴ではこれまでお世話になった方々に新しい新郎新婦のお披露目を行ないます。
そうした披露宴に近しい意義を持つ事と言えば「二次会」です。
結婚式の二次会は、主に会場を移して行います。
二次会は披露宴以上にカジュアルな場ですから、新婦がウェディングドレスを着ていた場合、お色直しする事も珍しくありません。
また二次会で行なうイベントも披露宴以上にラフなものであり、クイズやビンゴを催す場合があります。
集まってくれた皆さんが楽しく過ごせるように、新郎新婦や幹事があらかじめ打ち合わせを行ないます。
幹事になった場合は、新郎新婦にとっても楽しいイベントを組むようにしましょう。

結婚式後に二次会を行なう習慣は国や時代によって異なります。
そもそも日本では現代のような「結婚式」さえ一昔前は存在しませんでした。
江戸時代には祝言と披露宴を併せたような儀式を行なうのが一般的であり、神前で誓うようなイベントは執り行わなかったのです。
従って現在でも二次会を行なう新郎新婦がいる一方で、行なわない方々もおられます。
近年では、結婚式は新郎新婦を祝うために行なうものと考えている方がおられますが、一般的にそれは異なります。
新郎新婦が「ホスト」として考えられている事からも分かる通り、こうした式はゲストをおもてなしするために存在しているのです。
従って二次会を行なう場合も、来賓が気兼ねなく楽しめるような場やイベントを用意するようにしましょう。